So-net無料ブログ作成

国境の長いトンネルを抜けると ・・・ [all my tomorrows]

bb-CA3G0005.jpg



長く苦しい眠りから覚めると2012年であった。
投げ出した体は汗ばんでいた。
節々に違和感を感じた。

ふらつきながら立ち上がり、一番大きな窓を目一杯に開いた。
真冬の夜の冷気が流れ込んだ。
悪寒を押さえ込むための部屋の熱気が一気に夜の闇へ。
気持ちいい。どうやら熱は下がったようだ。

つけっぱなしのTVでは、さだまさしが軽快にしゃべっている。
大晦日のあれこれをみんな放り出して寝床に潜ったのが朝の9時頃。
っていうことは、かれこれ16時間も眠り続けたことになる。

そういえば、その間に一度だけトイレにいった。
その時にTVから流れていたダミ声が、頭の中でまわり続けていたような気がする。
"I LOVE BABY FUKUSHIMA、I NEED BABY FUKUSHIMA、I WANT BABY FUKUSHIMA"
あれはなんだったんだろう・・・とか。
そんなとりとめもない記憶を引き寄せては自分を取り戻し、
渇ききった喉をとおる冷水に身震いするほどの幸福感を覚えた。

今年はここからはじめよう。
あけましておめでとう、僕。
今年もよろしく、僕。
階下からは家族の声も聞こえてきた。



こんな感じで、今年は不思議な年越しとなりました。
ちなみに体調の方はその後ウソのように回復し、(年末掃除をサボるための)仮病疑惑まで漂っています。
ともあれ、おに-さま方、おね-さま方、今年もよろしくお願い致します。
nice!(37)  コメント(57) 

うちなるほうへ [all my tomorrows]

bb-DSC01728.jpg

気持ちを静めてじっと見つめると、しなやかさや、ドッシリとした安心感を感じます。
両の掌で包み込むと、木の優しい肌ざわりと共に、ほんのりと温もりが伝わってきました。
ふくよかで朗らかな表情は、やさしい気持ちをつれてきてくれます。

悲しい出来事は、やり過ごさないとしょうがないのですが、
たとえば自分の身の丈を越える悲しみにであったとき、救いはこの表情なのかも知れません。


.

この記事を読む


nice!(34)  コメント(36) 

日頃の行い [all my tomorrows]

bb-CA3G0014.jpg

極めてなんてことのない話しなのですが ・・・

神戸での新年会の帰り、加古川駅に下り立ってポケットを探る。
切符がない。
階段を下りながら、コートのポケット、スーツのポケット、ズボンのポケットと探ってもない。
改札の横手でサイフの中を調べてもない。

   焦って酔いも冷めてきた。
   冷静になれ、もう一度ちゃんと探してみよう。

ひとつひとつのポケットを順にゆっくりと探ってみる。
ない、ここにもない、こっちにもない ・・・ どこにもない。
もう一度、ホームへ戻り、下車位置から階段、改札横手と探してみたがない。
ああ天は我を見放した ・・・
覚悟を決めて改札の駅員に告げるしかないか。

   「さっきの新快速で神戸から帰ってきたんですが、すみません、切符をなくしてしまったみたいなんです。」
   「ちなみに幾らの切符を買われましたか。」
   「650円です。」
   「これから気をつけて下さいね。」

そう言うと、あっさりと追金なしで改札を通してくれた。
まあ、ホッとしたわけだが ・・・

で、翌朝、自宅玄関前に落ちてたのが写真の切符。
新年早々、なんだかなぁ~ ハァッ
今年もいろいろありそうだ ゝ(^O^ゝ)ゲゲゲェ~ゲロゲロッ、チクショ-(涙)

世の中には、こんな人 もいるというのに ・・・ 嗚呼。
nice!(21)  コメント(26) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。