So-net無料ブログ作成

TRIO [門前のB.B.もスィングする]

bb-lovescenes.jpg
「Love Scenes」 Diana Krall (1997)

ちょっと違うよなぁ~ このジャケットもこのタイトルも
最後の最後まで手に取るのを躊躇していました

それが、ここまで聴き込むことになるとは・・・うれしい誤算なのです




リズミカルにリフを刻む骨太のベース
寄り添うハスキーな歌声
繊細なギターの音色が申しわけ程度に追いかけてくる
ピアノと入れ替わり立ち代り・・・

Vocal&Piano、Bass、Guitar のトリオですが、音を詰め込み過ぎず
"間" があることによって各々の音色が際立っています

トリオっていえば、Oscar Peterson Trio くらいしか知らない僕には
Drum がいない構成が不完全なものに思えていたのですが大間違いでした
真夜中に溶け込みそうな、しっとりとしたリラックス感に毎日やられてます


 「Love Scenes」 Diana Krall (1997)

   01. All Or Nothing At All
   02. Peel Me A Grape
   03. I Don't Know Enough About You
   04. I Miss You So
   05. They Can't Take That Away From Me
   06. Lost Mind
   07. I Don't Stand A Ghost Of A Chance With You
   08. You're Getting To Be A Habit With Me
   09. Gentle Rain
   10. How Deep Is The Ocean (How High Is The Sky)
   11. My Love Is
   12. Garden In The Rain

 Diana Krall – lead vocals, piano
 Christian McBride – bass
 Russell Malone – guitar


ネットのアルバム評に「Ray Brown 直系の Christian McBride が参加していることが宝」
というのもありましたが、確かにベースが印象に残る一枚です

Oscar Peterson はじまりで Ray Brown や Joe Pass も聴くようになりましたが
同じように Christian McBride のベースや Russell Malone のギターを堪能するのもいいなと
未知のアーチストへの展開に思いを馳せる僕なのです



 全く知らなかった Diana Krall をご紹介くださった そらへいさん には感謝感謝です。
 今回に限らずいつもいつもなのですが・・・

 ありがとうございます
nice!(10)  コメント(4) 

nice! 10

コメント 4

そらへい

この頃のダイアナ・クラールは
より本格的にジャズってるなという気がしますね。
そしてどのアルバムでも
聞くたびに新しい発見があるような気がします。
レイ・ブラウン、ジョー・パスもいいですね。
ダイアナ・クラールのバックミュージシャン?はこれから勉強です。
by そらへい (2016-05-08 21:34) 

b.b.mk2

そらへいさん、コメントをありがとうございます。
確かにスタンダードも織り交ぜながら、よりJAZZって感じですよね。
ダイアナ・クラールってピアノもすごいですね。
ピアノソロをノリノリで聴いてたのですが、よく考えると
これも彼女が弾いてるんだなぁ~と気づいて衝撃でした。
当たり前なのですが。

バックミュージシャンは、やはりRay Brown 直系の Christian McBride
に興味シンシンなのですが、そらへいさんが紹介されていたYoutube の
ギターにもかなりシビレました。
ギターを愛おしむようにつま弾いている。
これが Russell Malone かなと思ってるのですが・・・

by b.b.mk2 (2016-05-08 23:21) 

そらへい

ギターはひょっとすると、アンソニー・ウィルソンかも知れません。
この間の来日時はそうでした。
風邪気味の彼女を助けて、かなり長いソロを聴かせてくれたりしてました。
もう一人のジャズバイオリニストとともに。
by そらへい (2016-05-09 21:33) 

b.b.mk2

そらへいさん、ありがとうございます。
やはりLive in paris のギターはアンソニー・ウィルソンでした。
画像で確認しました。本当に繊細で素晴らしいギターですね。
「Love Scenes」のRussell Maloneのギターも素晴らしいし
これはうれしい悲鳴です。
by b.b.mk2 (2016-05-09 23:26) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。